各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 666 ラボプラストミル マイクロLABO PLASTOMILL μ

  • ラボプラストミルマイクロ
    ラボプラストミルマイクロ
  • ラボプラストミルマイクロ

用途

この装置は、実験室レベルで合成して作る極少容量の試料やナノ粒子の試料( カーボンナノチューブ、シリカ、酸化チタン等) や、特殊な高価な試料、ナノコンポジット材料に用いる微粒子、また、例えば次世代の複合材料として脚光を浴びている自然界の複合材料(絹、貝殻、歯・骨など…知能材料と言われている。)の活用・研究等において、わずかな量しか得られない試料で混練性、押出加工特性を評価する卓上型の実験装置です。

仕様

回 転 数 0 〜100 rpm 負荷変動率± 0.1%(100rpm ± 0.1rpm)
トルク測定範囲 MAX 40N・m(電流換算式)
温度測定範囲 0 〜400℃
データ表示 液晶画面にデータ曲線を表示
安 全 装 置 トルク&温度リミッタ、緊急停止スイッチ、ミキサ分解安全回路

電源

単相、AC100V、50/60Hz、5A+ ミキサもしくは押出機 15A

機体寸法・質量

W400×D600×H630mm 約50kg(本体)

 

詳細は下記お問い合わせ又は、イプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP