各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 555 デジタル衝撃試験機(低温槽付)TEMPERATURE-CONTROLLED IMPACT TESTER

用途

プラスチックの衝撃試験を恒温槽内で行う装置で、シャルピー衝撃、アイゾット衝撃、テンサイル衝撃(インベースのみ)の試験片を恒温槽内に置き、温度を変えて試験ができます。

仕様

温度範囲 -50 〜 40℃ 冷却方式液体窒素 

参考規格

JISK7110、K7111、K7160 、ISO180、 ASTM D256

電源

単相、AC100V、50/60Hz、30A

機体寸法・質量

約W1300 × D700 × H700 mm 約200kg

 

詳細は下記お問い合わせ又は、イプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP