各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 395 繰り返し振動疲労試験機REPEATED VIBRATION FATIGUE TESTER

  • 常温~+150℃仕様
    常温~+150℃仕様
  • 常温~+150℃仕様

用途

プラスチック材料に繰り返し応力を与えて疲労度を評価するもので不平衝質量回転によって定荷重を与えます。

仕様

振幅荷重 B20 型・・・± 0.2kN(± 20kgf)
B50 型・・・± 0.5kN(± 50kgf)
B70 型・・・± 0.7kN(± 70kgf)
繰り返し数 1,800cpm
カウンター 8 桁
パソコン オプション
冷凍機付恒温槽(-30 〜 +150℃)仕様もあります。

参考規格

JIS K 7118、K 7119

電源

単相、AC100V、50/60Hz、40A

機体寸法・質量

W730 × D650 × H810mm 約520kg

 

詳細は下記お問い合わせ又は、イプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP