各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 272 ギヤー・オーブンGEER TYPE OVEN

  • ギヤーオーブン
    ギヤーオーブン
  • 2段オーブン
    2段オーブン
  • ギヤーオーブン
  • 2段オーブン

用途

加熱空気中の老化性を評価するためのオーブンです。
空気置換率は国際的な消費電力法によって測定します。

仕様

型式 S45・S45UL A45・A45UL A45A2 S60・S60UL A60・A60UL A60A2
(STD 型) (ACR 型) (ACR 型) (STD 型) (ACR 型) (ACR 型)
置換率
算出方式
消費電力量法
槽内寸法 W450 × D450 × H500mm W600 × D600 × H600mm
温度制御
範囲
室温+ 20℃〜300℃
温度制御
方式
SCR-PID 制御
温度分布
精度
~100℃(±1℃)、100℃を超え~200℃(±2℃)、200℃を超え~300℃(±3℃)–空気置換率約10回/hに於いて
但し、ULオーブン ~80℃(±2℃)、80℃を超え~180℃(±2.5℃)、180℃を超え~300℃(±3℃)–規格に基づく9ポイント
室温&
槽内温度
デジタル表示(切替式)
過温防止装置 装置の最大温度及び試験片保護温度(2設定)
槽内風速 0.5 ± 0.1m/s —規格に基づく18 ポイントの平均
空気置換率 2 〜20 回/h(注1)—–(2~50 又は 60 回/h)
空気置換率
表示
  デジタル表示(注2) デジタル表示(注3)   デジタル表示(注2) デジタル表示(注3)
空気置換率の
設定(エアチェンジメータ)
手動設定 手動設定 自動設定 手動設定 手動設定 自動設定
ダイヤル設定器 ダイヤル設定器 パルスモータ ダイヤル設定器 ダイヤル設定器 パルスモータ
オプションのポータブルエアーチェンジメータで消費電力を測定し、置換率を手計算して求め、任意の置換率になる様に設定器を調整する。 演算表示されている置換率が任意の置換率になる様に設定器を調整する。 任意の置換率最大5ポイントを「置換率-ダンパ位置自動検索機能」を使用してダンパ位置を記憶させる事で、その後ポイントを選択して設定する オプションのポータブルエアーチェンジメータで消費電力を測定し、置換率を手計算して求め、任意の置換率になる様に設定器を調整する。 演算表示されている置換率が任意の置換率になる様に設定器を調整する。 任意の置換率最大5ポイントを「置換率-ダンパ位置自動検索機能」を使用してダンパ位置を記憶させる事で、その後ポイントを選択して設定する
空気置換率の求め方(注4) JIS規格又はUL746B(ASTM D 5423-14 Type I、ASTM D 5374-13)(注4) JIS規格又はUL746B(ASTM D 5423-14 Type I、ASTM D 5374-13)(注4) JIS規格 JIS規格又はUL746B(ASTM D 5423-14 Type I、ASTM D 5374-13)(注4) JIS規格又はUL746B(ASTM D 5423-14 Type I、ASTM D 5374-13)(注4) JIS規格
試料回転架 8 〜10 回転/ 分
試料網板 網板3枚まで取り付け可能(網板はオプションです)
参考規格 JIS B 7757:1995(I形)、K 7212:1999(B形)、K 6257:2017、C 3005:2014、ISO 188:2007、UL 746B(ASTM D 5423-14 Type I 、ASTM D 5374-13)
機体寸法 約W1090 × D800 × H1430mm 約W1170 × D920 × H1550mm
質量 約200kg 約290kg
電源容量 3 相AC200V 11A 50/60Hz(指定) 3 相AC200V 14A 50/60Hz(指定)

注1—規格では最大20回/hですが、45型は60回/h、60型は50回/hまで可能です。
注2—仕様の「空気置換率の求め方」がUL規格の場合は現在値をデジタル表示、JIS規格の場合はダイヤル目盛で確認します。
注3—5ポイントの中から選定した置換率の設定値を表示します。
注4—JIS規格では槽を(室温+80℃)で、UL規格では各試験温度で測定した無換気置換率を用いて空気置換率を求めます。ULオーブンのASTM D 5423 Type IIの100~200回/時には、対応しておりません。

 

詳細は下記お問い合わせ又は、イプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP