各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

万能材料試験機『ストログラフ™』とは?About strograph

  • ストログラフVG
    ストログラフVG
  • ストログラフ原型機(1960年)
    ストログラフ原型機(1960年)
  • ショッパー形(振り子式)引張試験機
    ショッパー形(振り子式)引張試験機
  • ストログラフVG
  • ストログラフ原型機(1960年)
  • ショッパー形(振り子式)引張試験機

『ストログラフ』は、プラスチック、ゴム等各種材料の引張・圧縮・曲げ強度等の特性評価を行うことができる万能型の材料試験機です。

引張試験とは?

引張試験の目的は、引張力に対する特性を把握することです。試料が破断するまで張力を与えて、試料の引張強度・降伏点・伸び等の機械的性質を測定する試験です。それらの測定値から、破断状態、降伏状態等が算出され、材料の強度計算に使用されます。

圧縮試験とは?

圧縮試験は、角柱・円柱・円筒形等の試験片を2枚の平行板に挟み、荷重を加えて破壊するまでの応力とひずみの関係を求める試験です。

曲げ試験とは?

引張試験・圧縮試験と同様に、材料の機械的性質を評価する基本的な試験です。3点曲げの試験では、支持台上に設置した試験片の中心を圧子で押し込むことで、曲げ強さや曲げ弾性率等を評価します。

【ストログラフ】のラインナップ

最大荷重容量1kN~50kNの機種からお選びいただけます。また測定するサンプルに応じて多数のつかみ具(チャック)をご準備しております。標準品で対応できない場合は、特注での対応も可能ですのでご相談ください。

ストログラフ S(ツインコラム・50kN)

  • 荷重容量50kNまで、2本柱の万能材料試験機です。
  • エンジニアリングプラスチックなどの高強度樹脂材料にも対応可能です。

ストログラフ VG(ツインコラム・20kN)

  • 荷重容量20kNまで、2本柱の万能材料試験機です。
  • ストログラフシリーズの中核となるモデルで、プラスチック・ゴム等幅広い材料の引張り強さ・圧縮強さ・曲げ強さなどの物性評価試験が可能です。

ストログラフ VGS(ツインコラム・5kN)

  • 荷重容量5kNまで、2本柱の万能材料試験機です。
  • VGよりも本体寸法を小型化しており、省スペース設置が可能です。伸び量が小さい材料の試験に適しています。

ストログラフ E3(シングルコラム・1kN)

  • 荷重容量1kNまで、1本柱の万能材料試験機です。
  • 卓上に設置して使用可能ですので、設置スペースが少なくて済みます。
  • 伸び量が大きい材料の試験にも対応可能なロングタイプ(E3-L)と、電子部品などの強度試験、シリンジ抵抗力試験、食品テクスチャー試験などに最適なショートタイプ(E3-S)があります。

ストログラフ T(専用恒温槽付モデル)

  • 荷重容量10kNまで、専用恒温槽内(-50°C~200°C・型式TF-50T)での試験が可能な万能材料試験機です。
  • 恒温槽内で900*mmのクロスヘッドストロークを確保しており、通常の万能試験機に恒温槽を取り付けた場合に比べて、長いストロークが取れます。(*つかみ具は含みません)

ストログラフ AP4(全自動引張試験機・プラスチック用)

  • 荷重容量20kNまで、プラスチック試験片を200本連続試験可能な全自動引張試験機です。
  • 試験片をトレイにセットしておけば、寸法測定⇒チャッキング⇒標線間伸び測定⇒試験片除去⇒データ処理までをすべて自動で行います。

ベンドグラフ B-2(全自動曲げ試験機・プラスチック用)

  • 荷重容量2kNまで、プラスチック試験片を140本連続試験可能な全自動曲げ試験機です。
  • 試験片をカセットにセットしておけば、寸法測定⇒チャッキング⇒曲げ測定⇒試験片除去⇒データ処理までをすべて自動で行います。

ストログラフ AEエラストマ(全自動引張試験機・エラストマー用)

  • 荷重容量700Nまで、エラストマー試験片を120本連続試験可能な全自動引張試験機です。
  • 試験片をトレイにセットしておけば、寸法測定⇒チャッキング⇒標線間伸び測定⇒試験片除去⇒データ処理までをすべて自動で行います。

ストログラフ AEフィルム(全自動引張試験機・フィルム用)

  • 荷重容量500Nまで、プラスチックフィルム試験片を100本連続試験可能な全自動引張試験機です。
  • 試験片をトレイにセットしておけば、寸法測定⇒チャッキング⇒標線間伸び測定⇒試験片除去⇒データ処理までをすべて自動で行います。

ストログラフ HT(全自動引張試験機・専用恒温槽付・ゴム用)

  • 荷重容量1kNまで、専用恒温槽内(室温+20℃〜100℃)で、ゴム試験片を300本連続試験可能な全自動引張試験機です。
  • 試験片をトレイにセットしておけば、寸法測定⇒チャッキング⇒標線間伸び測定⇒試験片除去⇒データ処理までをすべて自動で行います。

ストログラフ AR-T(全自動引張試験機・専用恒温槽付・ゴム用)

  • 荷重容量1kNまで、専用恒温槽内(-40℃〜150℃)で、ゴム試験片を120本連続試験可能な全自動引張試験機です。
  • 試験片をトレイにセットしておけば、寸法測定⇒チャッキング⇒標線間伸び測定⇒試験片除去⇒データ処理までをすべて自動で行います。

『ストログラフ』ネーミングの由来

株式会社東洋精機製作所は、古くから引張試験機の分野に力を入れており、昭和30年代から40年代にかけて、ショッパー形(振り子式)の引張試験機が当社の主力商品の一つとなっていました。

昭和35年(1960年)、「応力ーひずみ曲線(S-Sカーブ)が取れる試験機を」とのご要望にお応えして、ロードセル式引張試験機の当社第1号機を開発しました。

開発当初の品名は『定速変形型引張試験機』でしたが、お客様に親しんでいただける商品名として、「stress(応力)- strain(ひずみ)曲線」が描ける試験機であることから、『ストログラフ』と命名しました。

初期のラインナップは、紙用の『ストログラフ P』、ゴム用の『ストログラフ R』、高温・低温槽付きの『ストログラフ T』、シングルスクリュー簡易型の『ストログラフ C』、容量5トンで大型タイプの『ストログラフ U』の4モデルがありました。

前のページへ戻る

PAGE TOP