各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 607 コーンカロリーメータCone Calorimeter

  • C4
    C4
  • C4

demo

 

 

コーンカロリーメータは、有機材料の燃焼において「発生熱量と消費酸素の量が一定(酸素1kgあたり13.1MJ)」という理論に基づいた酸素消費量測定法により、発熱速度・発熱量などを測定する試験機で、建築基準法に基づく防火材料の性能評価に用いられています。

各種材料の燃焼挙動や発煙量を把握できるため、耐火災特性の研究に大きく役立ちます。

仕様

型式 C-4
熱源 コーン型ヒーター
輻射計 0〜100kW/m² ± 3%(校正データ付)
オプション
  • 煤収集装置
  • CO/CO²ガス分析装置
  • NOx/SOxガス分析装置
  • 酸素減少装置
  • 垂直試験
  • 新防火材料認定試験法ソフトウェア
電源 単相、AC200V、50/60Hz、40A
寸法 W1650 × D600 × H2500mm
質量 約300kg

参考規格

ISO 5660-1

Reaction-to-fire tests-Heat release, smoke production and mass loss rate-Part 1: Heat release rate (cone calorimeter method) and smoke production rate (dynamic measurement)

ASTM E1354

Standard Test Method for Heat and Visible Smoke Release Rates for Materials and Products Using an Oxygen Consumption Calorimeter

新防火材料認定試験法(建築基準法)
鉄道車両用材料燃焼試験法(国交省令)

 

詳細は下記お問い合わせ又は、イプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP