各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 586 二軸延伸試験装置Film Stretching Tester

  • EX10B1
    EX10B1
  • EX10B1

二軸延伸試験装置は、二軸延伸フィルムの加工適正条件やフィルムの商品価値を試験的に評価判定するための試験装置です。

サーボ式の駆動系を使用し延伸精度の向上、延伸モードの多様化を図ることで、二軸延伸フィルムの様々な条件における試験が行えるので、サンプルの適切な加工条件が得られます。

特長

延伸方式はセンターストレッチ式を採用し、駆動系はサーボモーターを使用しているので、高精度な延伸により、均一なフィルムができます。

●延伸プログラムの設定により様々な条件における延伸加工ができます。

●サンプルの取り付けはガス圧式グリップにより安全でスピーディーに行えます。

●延伸倍率、荷重検出、二次加熱装置、データ処理装置など豊富なオプションが用意されており、お客様のニーズにあった装置仕様が選択できます。

仕様(EX10-B)

型式 EX10-B
試験片寸法 90 × 90mm(グリップ間:72 × 72mm)
グリップ数 36個
グリップ駆動 N2ガス
最大延伸倍率 10倍
延伸速度 0.003〜26m/min.
延伸機構 パンタグラフ方式(センターストレッチ)
延伸モード
  • 同時二軸延伸
  • 逐次二軸延伸
  • 一定幅一軸延伸
  • 自由幅一軸延伸
  • 手動延伸
  • 手動一軸延伸
  • 延伸後応力緩和
  • プログラム多段延伸
駆動方式 ACサーボモーター
延伸温度 max. 230°C
オプション
  • 荷重検出装置(最大200N)
電源 三相、AC200V、50/60Hz、100A
エアー源 0.7MPa
N2ガスボンベ 15MPa容器
寸法
  • 本体:W2000 × D2200 × H2200mm
  • 温度制御盤:W700 × D630 × H1800mm
   

仕様(高温モデル)

型式 X4HDHT X7DHT
試験片寸法

90 × 90mm

(グリップ間:80 × 80mm)

50 × 50mm

(グリップ間:40 × 40mm)

グリップ数 32個 20個
グリップ駆動 圧縮エアー
最大延伸倍率 4倍 7倍
延伸速度 0.01〜10m/min.
延伸機構 パンタグラフ方式(センターストレッチ)
延伸モード
  • 同時二軸延伸
  • 逐次二軸延伸
  • 一定幅一軸延伸
  • 自由幅一軸延伸
  • 延伸後応力緩和
  • プログラム多段延伸
駆動方式 ACサーボモーター
延伸温度 max. 400°C
オプション
  • 荷重検出装置(最大200N)
  • 荷重検出装置(最大100N)
電源 三相、AC200V、50/60Hz、150A
エアー源 0.7MPa
寸法
  • 本体:W2500 × D1550 × H2050mm
  • 温度制御盤:W700 × D700 × H1850mm
     

詳細は下記お問い合わせ、またはイプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP