各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 556 衝撃試験機 IT(シャルピー衝撃試験機・アイゾット衝撃試験機)Pendulum Impact Tester

  • ※安全カバー付仕様(オプション)
    ※安全カバー付仕様(オプション)
  • ※飛散防止カーテン(簡易ハンマー枠)付仕様(オプション)
    ※飛散防止カーテン(簡易ハンマー枠)付仕様(オプション)
  • シャルピー衝撃試験
    シャルピー衝撃試験
  • アイゾット衝撃試験
    アイゾット衝撃試験
  • 引張衝撃試験(インベース法)
    引張衝撃試験(インベース法)
  • 引張衝撃試験(インベース法)
    引張衝撃試験(インベース法)
  • 引張衝撃試験(インヘッド法)
    引張衝撃試験(インヘッド法)
  • ※安全カバー付仕様(オプション)
  • ※飛散防止カーテン(簡易ハンマー枠)付仕様(オプション)
  • シャルピー衝撃試験
  • アイゾット衝撃試験
  • 引張衝撃試験(インベース法)
  • 引張衝撃試験(インベース法)
  • 引張衝撃試験(インヘッド法)

demo

 

 

 

衝撃試験機(振り子形衝撃試験機)は、プラスチック試験片に衝撃を与え、試験片の破壊に要した振り子のエネルギーから衝撃値を求める試験機です。

プラスチック材料の耐衝撃性、もろさ、粘り強さなどの特性評価に用いられます。

シャルピー衝撃試験、アイゾット衝撃試験、引張衝撃試験などの試験法があります。

試験方法 試験片支持方法 試験規格
シャルピー衝撃試験 試験片の両端を水平な支持台に固定し、ノッチ部(切り欠き)の背面にハンマーで衝撃を与える
  • JIS K 7111
  • ISO 179
  • ASTM D6110
アイゾット衝撃試験

試験片の方端を垂直な片持ちばり状態に固定し、ノッチの付いている方向からハンマーで衝撃を与える

  • JIS K 7110
  • ISO 180
  • ASTM D256

 

特長

●デジタル表示式で、捨て針の摩耗損失誤差や測定者による読み取り誤差がありません。

●ハンマー・試験片支持台の交換によりシャルピー衝撃試験・アイゾット衝撃試験・引張衝撃試験などに対応可能。

●カラー液晶タッチパネルで簡単操作。衝撃値の平均・最大・最小・変動係数・標準偏差を表示・保存できます。

●測定データをPC*に保存できます。(※オプションの専用データ処理ソフトウェアが必要。PCはオプション)

●ボタン操作でハンマーリリース*が可能。フック解除時の個人差が無く、再現性が向上します。(※オプション)

●計装化システム*選択可能(※オプション。シャルピー衝撃試験およびインベース法引張衝撃試験のみ)

●位置決め付試験片支持台*が選択可能。簡単・正確に試験片をセットできます。(※シャルピー用オプション)

●各種安全カバー*(天板なし・あり)選択可能(※オプション)

仕様1(本体)

型式 IT
試験方法
  • シャルピー衝撃試験
  • アイゾット衝撃試験
  • 引張衝撃(テンサイル衝撃)試験
  • 衝撃剥離試験
ハンマーひょう量
  • シャルピー衝撃試験:0.5~15J
  • アイゾット衝撃試験:0.5~22J
  • 引張衝撃(テンサイル衝撃)試験:1~15J
ハンマー持上げ角度 150°
オプション
  • ハンマーリリース装置
  • 小型プリンター
  • 簡易ハンマー枠(飛散防止カーテン)
  • 安全カバー
  • アルミフレーム天板付安全カバー
  • アンカーウエイト
  • ハンマーブレーキ
  • データ処理装置
  • 専用データ処理ソフトウェア
  • シャルピー用位置決め付試験片支持台
電源 単相、AC100~240V、50/60Hz、0.1kVA
寸法 W600 × D360 × H1000mm
質量 約100kg

仕様2(ハンマー)

(1)シャルピー衝撃試験

JIS K 7111(ISO 179)

ハンマーひょう量 型式 衝撃速度 衝撃刃先端
0.5J / 1J* JCH05J 2.9m/sec. R2mm、30°
2J / 4J* JCH2J
5J JCH5J
7.5J / 15J* JCH75J 3.8m/sec.

 

ASTM D6110

ハンマーひょう量 型式 衝撃速度 衝撃刃先端
1J / 2J* ACH1J 3.46m/sec. R3.17mm、45°
3J / 6J* ACH3J
8J / 15J* ACH8J

 

(2)アイゾット衝撃試験

JIS K 7110(ISO 180)

ハンマーひょう量 型式 衝撃速度 衝撃刃先端
0.5J / 1J* JIZ05J 3.5m/sec. R0.8mm
1J JIZ1J
2.75J / 5.5J* JIZ27J
11J / 22J* JIZ11J

 

ASTM D256

ハンマーひょう量 型式 衝撃速度 衝撃刃先端
1J / 2J* AIZ1J 3.46m/sec. R0.8mm
3J / 6J* AIZ3J
8J / 15J* AIZ8J

*付加ウエイト方式

仕様3(試験片支持台・固定台)

(1)シャルピー衝撃試験

JIS K 7111(ISO 179)

種類 型式 支点間距離
シャルピー JIS K 7111(ISO 179)試験片支持台(標準) JCHBAS 62mm
シャルピー JIS K 7111(ISO 179)試験片支持台(位置決め付き) JCBAST

 

ASTM D6110

種類 型式 支点間距離
シャルピー ASTM D6110  試験片支持台 ACHBAS 101.6mm

 

(2)アイゾット衝撃試験

JIS K 7110(ISO 180)・ASTM D256 共用

種類 型式 試験片固定台上面と衝撃刃の距離
アイゾット 試験片固定台 IZBASE 22mm

 

 

※イプロスサイトに移動します。イプロスの会員登録が必要です。

 

前のページへ戻る

PAGE TOP