各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 556 低温槽付半自動衝撃試験機(シャルピー衝撃試験機・低温槽付・半自動)Impact Tester, model SAUCC

  • 低温槽付半自動衝撃試験機 SAUCC
    低温槽付半自動衝撃試験機 SAUCC
  • 低温槽付半自動衝撃試験機 SAUCC

IT型の衝撃試験機をベースに、試験片搬送機構と低温槽を取り付けたシャルピー衝撃試験機です。

スイッチ操作により自動で試験片を支持台にセットし、試験を行います。

特長

●スイッチ操作により自動で試験片を支持台にセットし、試験を行います。

●試験片セットを自動化することで、試験セット精度およびセット時間(5秒以内)が均一化され、人為的誤差をなくします。

●試験片を最大15本収納可能です。

●設定温度-40℃~40℃と幅広い温度制御が可能です。

仕様

型式 SAUCC
温度範囲 -40°C〜40°C
試験方法
  • シャルピー衝撃試験
ハンマーひょう量

選択:

  • 0.5J / 1J*
  • 2J / 4J*
  • 7.5J / 15J*

*付加ウエイト式

試験片収納本数 max. 15本
駆動方式 エアーシリンダー
冷凍機 水冷式 750W
電源
  • 衝撃試験機本体:単相、AC100V、50/60Hz、1A
  • 恒温槽・冷凍機:単相、AC100V、50/60Hz、30A
エアー源 0.3~0.5MPa
冷却水 10L/min.
寸法
  • 衝撃試験機本体:W600 × D360 × H1100mm
  • 恒温槽:W178 × D219 × H283mm
  • 架台:W1500 × D800 × H760mm
  • 冷凍機*:W600 × D500 × H555mm
  • 制御パネル*:W200 × D450 × H550mm

*冷凍機および制御パネルは架台の下に入ります。

質量
  • 衝撃試験機本体:約80kg
  • 恒温槽:約15kg
  • 架台:約65kg
  • 冷凍機*:約130kg

参考規格

JIS K 7111-1 プラスチック−シャルピー衝撃特性の求め方−第1部:非計装化衝撃試験
ISO 179-1 Plastics — Determination of Charpy impact properties — Part 1: Non-instrumented impact test

 

詳細は下記お問い合わせ、またはイプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP