各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 530 MIT耐折疲労試験機MIT type Folding Endurance Tester

  • S-2
    S-2
  • D-2
    D-2
  • S-2
  • D-2

demo

 

 

MIT耐折疲労試験機は、紙・プラスチック・レザー・フレキシブルプリント基板・プラスチックフラットケーブル・箔などの折りたたみ曲げ負荷に対する強度を評価する試験機です。

JIS P 8115、JIS C5016、ISO 5626などの試験規格に準じており、幅15mmの短冊状試験片に一定の荷重をかけ、左右に各135°(または90°・45°)の繰り返し曲げの負荷を与え、破断するまでの折曲げ回数によって評価します。

荷重方式は、スプリング式とデッドウエイト式の選択ができます。

スプリング式は紙などの伸び量の少ない材料、デッドウエイト式はプラスチックフィルムなどの伸び量の大きい材料に適しています。

特長

●摺動軸受部にベアリングガイドを使用、摩擦を低減

●直結駆動方式(ベアリング)採用で折曲げ角度の精度が向上

●冷却ファンにより、折曲げ試験中の試験片温度上昇を抑制

●液晶タッチパネルでかんたん操作

●機械的な破断検出に加えて、導通*および抵抗値*による断線検出にも対応(※オプション)

仕様

型式 S-2 D-2
荷重方式 スプリング式 デッドウエイト式
荷重

選択

  • 4.9〜14.7N
  • 0.98~4.9N

選択

  • 2.45~19.6N (2.45Nステップ)
  • 0.98~9.8N(0.98Nステップ)
  • 0.98~9.8N(0.49Nステップ)
折曲げ角度 135° および 45°、90°
折曲げ速度 175cpm および 90cpm
チャック形状(標準)
  • 先端半径:R0.38mm
  • 開き幅:0.25mm
  • 試験片幅:15mm
カウンター 7桁
インターフェース RS-232C
オプション
  • 導通試験
  • 抵抗破断試験
  • データ出力
電源 単相、AC100~230V、50/60Hz、5A
寸法 W280 × D320 × H450mm
質量 約25kg

参考規格

JIS P 8115 紙及び板紙−耐折強さ試験方法− MIT試験機法
JIS R 3420 ガラス繊維一般試験方法
JIS C5016 フレキシブルプリント配線板試験方法
ISO 5626 Paper — Determination of folding endurance
ASTM D2176 Standard Test Method for Folding Endurance of Paper and Plastics Film by the M.I.T. Tester
TAPPI T 511 Folding endurance of paper (MIT tester)

 

詳細は下記お問い合わせ、またはイプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP