各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 522 メルトインデックサ(手動メルトインデクサー)Melt Indexer

  • G-02(オプションのB法用フローレイト装置、手動カット装置付属)
    G-02(オプションのB法用フローレイト装置、手動カット装置付属)
  • フローレイト装置、自動カット装置、おもり持ち上げ装置付き仕様
    フローレイト装置、自動カット装置、おもり持ち上げ装置付き仕様
  • 過温防止装置、安全停止ボタン仕様付き仕様
    過温防止装置、安全停止ボタン仕様付き仕様
  • 自動荷重切替装置付き仕様
    自動荷重切替装置付き仕様
  • リアルタイムデータ(ソフトウェア)出力例
    リアルタイムデータ(ソフトウェア)出力例
  • G-02(オプションのB法用フローレイト装置、手動カット装置付属)
  • フローレイト装置、自動カット装置、おもり持ち上げ装置付き仕様
  • 過温防止装置、安全停止ボタン仕様付き仕様
  • 自動荷重切替装置付き仕様
  • リアルタイムデータ(ソフトウェア)出力例

demo

 

 

メルトインデックサは、熱可塑性樹脂の溶融時の流動性を表す指数であるMFR(メルトマスフローレイト・g/10 min)・MVR(メルトボリュームフローレイト・cm3/10 min)を測定する試験機(メルトインデクサー・MI計・MFR測定器・メルトフローインデックステスター)です。

試験方法として、A法(質量測定法)とB法(移動距離測定法)があります。

特長

  • B法用フローレイト装置(ピストン移動距離測定用ロータリーエンコーダー)・おもり持上げ装置・自動カット装置等お好みのオプションを自由に追加できます。
  • オリフィス(ダイ)を炉体下部より簡単に取り外せるオリフィスリリース機構の採用により、作業性・安全性が向上し、残留樹脂押出しの負荷も軽減されました。
  • 試験条件の入力はタッチパネル上で容易に行えます。
  • 試験条件(予熱時間・試験温度・試験荷重など)がファイルナンバーでプリセットできるので、試験能率・再現性が向上します。
  • 試験結果をパソコン*または小型プリンター*に出力できます。(※オプション)
  • ASTM D1238 D法に規定されたマルチウエイト測定に対応した自動荷重切替装置がオプションのラインナップに追加されました。

仕様

型式 G-02
試験温度 max. 350°C(400°C:オプション)
試験荷重

0.325〜21.6kg 選択 

  • 標準付属:0.325kg、2.16kg
  • オプション:1.0kg、1.05kg、1.2kg、3.8kg、5.0kg、10.0kg、12.5kg、21.6kg
電源 単相、AC100~115V、50/60Hz、0.6kVA
寸法 W400 x D370 x H560mm
質量 約40kg
オプション
  • フローレイト装置(ロータリーエンコーダー)
  • 自動カット装置
  • 手動カット装置
  • おもり持上げ装置
  • 流出防止クランプ(ダイプラグ)
  • データ出力ソフトウェア
  • 小型プリンター
  • 安全カバー
  • 自動荷重切替装置

参考規格

JIS K 7210 プラスチックー熱可塑性プラスチックのメルトマスフローレイト(MFR)及びメルトボリュームフローレイト(MVR)の求め方
ISO 1133 Plastics-Determination of the melt mass-flow rate (MFR) and melt volume-flow rate (MVR) of thermoplastics
ASTM D1238 Standard Test Method for Melt Flow Rates of Thermoplastics by Extrusion Plastometer

 

 

詳細は下記お問い合わせ又は、イプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP