各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

テーバー形摩耗試験機『No.430 ロータリーアブレージョンテスタ』Rotary Abrasion Tester

  • ※リフェーサー(オプション)付き仕様
    ※リフェーサー(オプション)付き仕様
  • ※安全カバー(オプション)付き仕様
    ※安全カバー(オプション)付き仕様
  • 構成
    構成
  • Fig.1
    Fig.1
  • Fig.2
    Fig.2
  • Fig.3 / E100-125(締め付けリング無し)
    Fig.3 / E100-125(締め付けリング無し)
  • Fig.4 / E100-125(締め付けリング有り)
    Fig.4 / E100-125(締め付けリング有り)
  • Fig.5 / E140-14(オプション)
    Fig.5 / E140-14(オプション)
  • Fig6 / E140-21(オプション)
    Fig6 / E140-21(オプション)
  • ※リフェーサー(オプション)付き仕様
  • ※安全カバー(オプション)付き仕様
  • 構成
  • Fig.1
  • Fig.2
  • Fig.3 / E100-125(締め付けリング無し)
  • Fig.4 / E100-125(締め付けリング有り)
  • Fig.5 / E140-14(オプション)
  • Fig6 / E140-21(オプション)

demo

 

 

ロータリーアブレージョンテスタは、平面材料の耐摩耗性を評価する試験機(テーバー摩耗試験機)です。

2個の摩耗輪との接触面の摩耗度を、質量・厚さ・光沢の減量で評価します。

摩耗原理

2個の摩耗輪がターンテーブルの上に、Fig.1のように配置されており、右側の摩耗輪は試料を中心から外に向かって擦り、左側の摩耗輪はそれとは逆に外から中心に向かって擦ります。

ターンテーブルが一回りする間に摩擦が連続的に加わり、その結果試料表面に生じる摩耗の痕跡は、互いにX字形に交わる2つの弧上の線で構成される面積約30cm2の環状となります(Fig.2)。この面積は、ほとんどの材料を評価するのに十分なものです。

この摩擦方式は、摩耗輪が試料表面を完全に一周することになりますから、物質の組織や性状の全方向にわたる摩耗抵抗を知ることができます。実際にものが使用されている間に生じる損耗状態と極めて近い状態で試験ができます。

試料ホルダー(ターンテーブル)

試料をクランプする試料ホルダー(ターンテーブル)は、その試料に最も適合したタイプを選択する必要があります。

当社では代表的なE100-125型を標準仕様として付属しています。

E-100-125(締め付けリング無し) Fig.3 主に樹脂板・べニヤ板・カードボード・ガラス・金属板など硬い平面試料を保持するのに用いられます。
E-100-125(締め付けリング有り) Fig.4

織布・フィルム・紙などわずかに曲がった試料の外周を押さえるためのリングを付属させたホルダーで、乾燥・湿潤いずれの状態でも試験できるように、外縁に高さ3.2mmの壁を設けています。外縁をネジ付きのリングで保持し、リングの外周よりはみ出したものを引張り、試験中にしわが寄るのを防ぎます。

E140-14 Fig.5 オプション
E140-21 (NEMA type) Fig.6 オプション

代表的な摩耗輪

弾性摩耗輪 CS-10 試験荷重500g、1000gで使用 中粒の摩耗輪
CS-10F 試験荷重250g、500gで使用 中位な摩耗作用。劣化しやすく、有効期限あり
CS-17 試験荷重500g、1000gで使用 交通関係、摩滅など過酷な試験
CS-0 試験荷重250g、500g、1000gで使用 柔らかな摩耗作用、湿潤試験用
CS-5 ウールフェルト摩耗輪 織物の摩滅特性、パイリング(けば)に対する抵抗性評価用
非弾性摩耗輪 H-10 試験荷重500g、1000gで使用 耐摩耗性の鋼および鉄合金用の磁器化した摩耗輪
H-18 試験荷重250g、500g、1000gで使用 中粒の磁器化した摩耗輪。柔軟な弾性材料評価用
H-22 試験荷重250g、500g、1000gで使用 磁器化した摩耗輪。ゴム・レザー・深くパイルした織物用
H-38 試験荷重250g、500gで使用 磁器化した摩耗輪。極めて微粒で織布試験に使用
その他 S-11 リフェース用摩耗ペーパーディスク 
S-16 ペンキ・ラッカーなどの塗装用試料板
S-32  ゴム製摩耗輪・公式NEMA試験用の接着サンドペーパーストリップ装着に使用(化粧ラミネートプラスチック評価用)
S-36 10.8cm2の硬い厚紙。柔軟試料の固定用接着剤付き
S-37  10.8cm2のシールシート。ガラス・セラミックなど穴をあけるのが困難な材料固定に使用
S-42  裏面に接着剤付きのサンドペーパーストリップ。S-32に巻いて使用。寿命は500回
S-35  弾性試料の切断引裂を試験する表面が鋭敏なカットの炭化タングステン摩耗輪

仕様

型式 TS-2
回転速度

60 rpm (50Hz) または 72 rpm (60Hz)

荷重 2.45N(250gf)、4.9N(500gf)、9.8N(1000gf)
カウンター 6 桁プリセットカウンター
摩耗輪 CS-10 または CS-17  1組(標準付属)
試料ホルダー(ターンテーブル) E100-125(標準付属)
吸引装置(掃除機) 標準付属
オプション
  • 各種摩耗輪
  • 各種サンドペーパー
  • 各種試料ホルダー(ターンテーブル)
  • リフェーサー(型式TSR-1)
  • 安全カバー(型式SC)
電源 単相、AC100V、50Hzまたは60Hz、10A
寸法 W275 × D410 × H500mm
質量 約18kg

参考規格

JIS A 1453 建築材料及び建築構成部分の摩耗試験方法(研磨紙法)
JIS K 5600-5-9 塗料一般試験方法-第5部:塗膜の機械的性質-第9節:耐摩耗性(摩耗輪法)
JIS K 7204 プラスチック-摩耗輪による摩耗試験方法
JIS K 6264-2 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-耐摩耗性の求め方-第2部:試験方法
JIS L 1096 織物及び編物の生地試験方法

 

※イプロスサイトに移動します。イプロスの会員登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP