各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

No. 259 クリープ試験機CREEP TESTER

プラスチックに一定の荷重を加えて放置しておくと、変形が時間とともに増加していく現象をクリープといいます。

この装置は、JIS K 7115に準じたプラスチックのクリープ特性を評価する試験機で、特に引張りクリープ試験を目的として設計されたものですが、治具を交換することにより圧縮・曲げクリープ試験も行えます。

特長

  • おもりの架け替え操作が不要で、荷重設定はモーター駆動によるレバー上のおもり移動で簡単に行えます。
  • 荷重レバーとレバー緩衝台の間隔を自動制御しているので、試験片破断時の荷重衝撃を最小限に抑えることができます。

仕様

荷重方式 レバーおもり移動式
試験片数
  • 3本掛
  • 5本掛
  • 6本掛
荷重
  • 100型:max. 1kN
  • 200型:max. 2kN 
  • 300型:max. 3kN
  • 1000型:max. 10kN
変位測定 ロータリーエンコーダー(分解能0.01mm)
変位測定範囲
  • 100型:50mm
  • 200型:30mm
  • 300型:25mm
  • 1000型:50mm
試験温度 max. 200°C
オプション
  • 圧縮チャック
  • 曲げチャック
  • 記録計
  • 低温槽
  • 標線追跡装置
  • データ処理装置(PC、専用ソフトウェア付属)
電源

三相、AC200V、50/60Hz、30A(100型・3本掛)

三相、AC200V、50/60Hz、60A(1000型・6本掛)

寸法(本体)

W1470 × D1730 × H1860mm(100型・200型・300型)

W1400 × D2600 × H2060mm(1000型・3本掛)

寸法(制御ラック) W570 × D530 × H1600mm
質量

約1200kg(100型・6本掛)

約2000kg(1000型)

参考規格

JIS K 7115 プラスチック-クリープ特性の試験方法-第1部:引張クリープ
ISO 899-1 Plastics — Determination of creep behaviour — Part 1: Tensile creep
ASTM D2990 Standard Test Methods for Tensile, Compressive, and Flexural Creep and Creep-Rupture of Plastics

 

 詳細は下記お問い合わせ、またはイプロスサイトから。※イプロスへのユーザー登録が必要です。

前のページへ戻る

PAGE TOP