各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

耐候性試験とは?AMETEK, Inc.社・アトラス事業部のサイトに移動します

1.アトラス-耐候性試験のパイオニア

キセノンアークランプを使用した最初の耐候性試験機 (キセノテスト®150)は 、1954年に開発されました。

キセノン・ロングアークからの光源は、 適切に処置された場合、 他のどの光源よりも、 より近接したUV(紫外線)光及び可視光太陽放射をシミュレートします。

キセノンアークは石英管内にガスを封止した精密な放電ランプです。 分光分布は、太陽放射をシミュレートさせるためにフィルタを使用して変更します。この光源は、試験材料を自然太陽光に暴露する時と酷似した光源として一般に広く好まれています。

キセノン耐候性試験機は、繊維、 ポリマー、 塗料、 自動車業界に広く利用されております。

キセノン耐候性試験機(Ci3000、Ci4400、Ci5000)
ベンチトップ型キセノン耐候性試験機(サンテストシリーズ)
試験サービス
ソーラーチャンバーシリーズ
オーダーメイドシステム

2.耐候性試験ガイド

気候の影響
  • ウェザリングとは?
  • ウェザリングの要因
  • 二次的効果
  • 相乗効果
  • 気候
  • ウェザリング要因の測定
暴露試験
  • 直接暴露試験
  • 促進暴露試験
  • 特殊暴露試験
  • 屋外暴露試験の可変性
促進耐候性試験
  • キセノンアーク装置
  • 紫外線蛍光ランプ装置
  • メタルハライドランプ・システム
  • カーボンアーク装置
  • 腐食キャビネット
耐候性試験の現状と課題
  • サンシャインカーボンアークと自然太陽光の相関性について
  • 高照度キセノンアークと自然太陽光の加速係数の相関性について
  • その他の加速係数の算出方法について

 

 

 

前のページへ戻る

PAGE TOP