各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

沿革COMPANY CONTENTS

1934年(昭和9年)3月
故遠藤将三によって東京・神田猿楽町2-15において創立され、非金属材料試験機の設計・制作・販売を開始した。
1962年(昭和37年)3月
関西地方の販売拡大ならびに技術サービスを充実させるため、大阪支店を設置した。資本金を2,000万円とした。
1968年(昭和43年)2月
中部地方の販売拡大と技術サービスを充実させるため、名古屋支店を設置し、資本金を5,000万円とした。
1974年(昭和49年)2月
耐候性試験機の世界的メーカーであるアトラス・エレクトリック・デバイス社と提携し、国際化時代にそなえた。
1984年(昭和59年)10月
本社新社屋を新築、一階にショールームを設置した。
1986年(昭和61年)6月
資本金を1億円とした。
1991年(平成3年)4月
本社CSセンターを新築した。
1997年(平成9年)1月
LRQAよりISO9001認証取得。(取得番号956611)
2002年(平成14年)6月
EDI取引(部品取引)に対応し、東京工場舟渡サポートセンターを新築した。
2005年(平成17年)4月
財)地球環境戦略研究機関(iGES)より「エコアクション21」を東京工場にて認証取得した。(取得番号0000165)
2012年(平成23年)7月
中国上海に、現地法人・東洋精機貿易(上海)有限公司を開設した。

前のページへ戻る

PAGE TOP