各種材料評価試験機の総合メーカー 株式会社東洋精機製作所

ごあいさつCOMPANY CONTENTS

東洋精機製作所は1934年(昭和9年)の創業以来、プラスチックス、ゴム、紙、繊維、塗料、インキなどの材料評価試験機の専門メーカーとして、品質管理から研究開発の分野にわたり広く社会に貢献できる製品の製造・販売に取り組んで参りました。技術の進歩がそのスピードをより加速させている今、お客様のニーズも多種多様化しています。

そのような変化にすばやく対応し、新たな技術への挑戦、品質向上への取り組み、アフターサービスの充実、新技術情報のご提供など試験機のグローバル企業を目指して日々邁進しています。

「お客様の要求に応えられる製品を!」を品質基本方針に掲げ、これからもお客様から信頼される企業へ、そして『ものづくり』にチャレンジして参ります。

皆様方の変わらぬご支援、ご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長

経営方針

  1. 常に新しい技術に挑戦し、お客様の要求に応えられる製品を提供します。
  2. 日々品質の向上に努め、お客様に信頼され喜んでいただける製品を提供します。
  3. 経営数値目標、品質目標の達成に意欲的に取組みます。

行動指針

お客様本位
新しい発想で技術開発に取り組み、お客様が満足される製品とサービスを提供します。
規範の遵守
事業活動、個人活動において、国内外の法令、社会的規範、社内規則を遵守し、公明正大に行動します。
地球環境の保全
地球環境問題が人類共通の重要課題との認識のもとに、環境との共生、調和に配慮した事業活動を自主的・積極的に推進して、環境負荷削減に向け継続的改善に努めます。
働き易い職場環境
安全で働き易い職場環境を確保するとともに、社員一人ひとりの人権を尊重し、公正な処遇を行い個性と自主性を尊重した、活き活きとした企業を築きます。
情報の適正な管理
社会通念上企業秘密と認められたものを除き、ステークホルダーに企業情報を公正に開示します。又、お客様、従業員のプライバシーを含む機密情報保護の重要性を認識してお客様、自社、個人の情報を適正に管理します。
社会貢献
地域の発展に協力して、地域社会との共生を図ります。又よき企業市民として社会貢献活動を行います。

前のページへ戻る

PAGE TOP